お葬式のときのカバンのマナー~男性・女性編~ | 相模原で高品質の葬儀なら【雅葬会】

0120-066-382
葬儀の豆知識
お葬式のときのカバンのマナー~男性・女性編~
お葬式って、予期せず急に訪れる物ですよね。

でも、礼服や小物やマナーを知らないととても恥ずかしい思いをしてしまいます。

そんな中でも、カバンは全体の印象を左右する重要な物です。

普段手ぶらな男性が持つ場合や、女性が持つ場合の選び方など、詳しく解説していきます。 

基本的なカバンのマナー


96-1

まず色は黒が無難です。

お葬式の場では殺生を思い起こさせる物はご法度で、仏教の「不要な殺生は禁止」という教えから来ています。

動物由来の皮や毛皮を選ばず布製が良いです。

目立たないシンプルな物を選び、金具部分が派手な物や目立つ物も避けたほうが良いでしょう。

最近では布製にこだわらず、革製の黒のバッグを持つ人も増加傾向ではありますが、あくまでもお葬式は悲しみの席です。

悲しみの席に合う物を選び、葬儀に臨んだほうが良いです。

また、どうしても黒いフォーマルバッグがない場合、派手ではない寒色系であれば大丈夫です。

紺・紫・グレーなどとりあえずの代用として利用することができます。

注意したいのが、慶事との兼用の物。金具が目立つ物や、光沢が目立つ物が多いです。

いざ、葬儀の場に行くと皆が黒いので、目立って恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

慶事兼用ではなく、葬儀専用の物を用意しましょう。

 

女性にオススメのバッグ


96-2

お葬式や、お通夜では黒色のハンドバッグを持つのが基本です。

ショルダーバッグや、大きいトートバッグは扱いづらいため避けましょう。

しかし、お葬式の持ち物は案外多いもの。

香典・数珠・財布・スマートフォン・ハンカチなど……。

荷物が多いと手持ちのハンドバッグには到底入りきりませんね。

そんなときに便利なのがフォーマル用のサブバッグです。

光沢がなく黒で無地のサブバッグがあると、お手伝いをするときのエプロンや、子連れのときに子供の物が入れられ大変便利です。

 

男性はバッグを持つべきか


男性は普段から手ぶらなほうがとても多いですよね。

葬儀のときも同様で手ぶらのほうが大変多いです。

基本は手ぶらでも失礼にはあたりません。

ただ、大切な香典袋などをポッケに入れたことで形を崩したりしたら大変です。

女性よりもはるかに品数が少なく、選べる物には限りがあります。

男性用の礼服には、ベルトを始めとする光沢を含んだ革製品が多く、ガバンも慶事用と兼用の革製品が大変多いのです。

あくまで葬儀に相応しいのは、女性と同じでポリエステルやナイロンの布製の物だということを覚えておきましょう。

男性には、脇に挟むタイプのクラッチバッグやセカンドバッグがオススメです。

 

葬儀中のバッグの取り扱い方


お通夜や葬儀中、お焼香をすることがあります。

最近の焼香台にはバッグを置くための台が設置されていますので、そちらに置いて焼香をしましょう。

もし台がない場合は、脇に挟んだり足元に置くのがベターです。

また、置く場所がないときは置いても倒れない自立型のバッグのほうが便利でしょう。

 

フォーマルバッグの相場や売っている場所


フォーマルバッグはピンキリで5000円しない物から100000円する物まであります。

安い物はフッションセンターしまむらなどで手軽に買うことができ、本格的は物はデパートや専門店で買うことができます。

急ぎで必要な場合や買いに行く暇がないときにオススメなのが通販です。

Nissenやベルメゾンなどでカバンだけではなく、喪服からアクセサリー、靴まで一色揃えることができます。

お急ぎ便などで対応可能なことが多いので、忙しいときに覗いてみてください。

価格も3000円から高品質な物まで選ぶことができます。

また、通販などでは便利なフォーマルバッグ・サブバッグ・袱紗の三点セット売りなどもあります。

選ぶのが難しい人が迷う手間なく買うことができるので大変オススメです。

 

葬儀用のバッグのお手入れ方法


96-3

葬儀用のバッグは長年にわたりずっと使い続ける物です。

お手入れをしっかりして、長持ちさせることを心がけましょう。

まずは、使ったら布で綺麗に拭き取りましょう。

濡らす必要はなく、乾いた布で拭き取るだけで葬儀中についた汚れを拭き取れます。

この一手間で長持ちするかしないかだいぶ変わってきます。

革製品の物でしたら、革専用のクリームでケアし、湿気対策もしっかりしておきましょう。

次いつ使うかわからないのがフォーマル用品なのです。

カビが生えたりしないよう、除湿剤などを使いましょう。

また、たまにはタンスから出し締め切らない時間を作ることで湿気対策にもなります。

衣装袋などに入れておくのもオススメです。

100円ショップなどにも売っていて手軽に買うことができます。

 

自分にピッタリのずっと使える物を


フォーマルバッグと一言で言っても、値段、形、メーカーあらゆる物があります。

全部同じに見えても微妙にデザインが違ったりして、その中でお洒落な物を持っていると本当に素敵と感じる物です。

是非、自分にピッタリな物を探してみてください。