お葬式に供花を贈るにはどうすればいいの?注文方法や相場、注意点 | 相模原で高品質の葬儀なら【雅葬会】

0120-066-382
お葬式に供花を贈るにはどうすればいいの?注文方法や相場、注意点
お葬式に行くと、孫一同や会社名の札がついた花で飾られている祭壇を目にします。

生前頑張って働いていたことへの感謝の気持ちや、孫を可愛がってくれていたことが伝わり、温かい気持ちになるものです。

その供花には実はいくつか決まりごとがあります。

今回は、お葬式供花を贈りたいという人に向けて、供花の贈り方や、種類、相場を紹介していきましょう。


供花とは


95-1

供花には、生前お世話になっていた方や、大切なご家族が亡くなった時に、ご冥福を祈る意味を込めて贈る花のことです。

おくり主に決まりなどはありません。

誰でも感謝とご冥福を祈り贈ることができます。

お葬式には、大切な家族を失い悲しみにくれる遺族がいます。

その悲しみの中でも、孫やご友人から届いた供花でいっぱいになった祭壇は、遺族を励ますものになります。

どんなものを贈ればいいの?


95-2

金額別にパンフレットなどで選べますので、初心者の方が選ぶ際にも難しくはありません。

白菊がメインですが、胡蝶蘭などの洋花を使うことも増えています。

葬儀場や、葬儀の規模が把握できると、供花の予算も立てやすくなるでしょう。

あまりに豪華なものは、かえって飾るスペースに困るなどあっては大変なので、遺族への気遣いを忘れないよう心がけます。

また、供花を贈る際には、行き違いが生じないためにも、必ず遺族に一言声をかけるようにしましょう。

供花の注文の方法


地域や宗教によって供花の種類は異なるので、供花は葬儀社から購入するのが一般的です。

葬儀会社に任せるのではなく自分で選びたい方は、インターネット又は直接お花屋さんに頼む方法があります。

ただ注意点として、葬儀場によって葬儀社のお花以外は受け付けないこともあります。

そのため、葬儀社以外から供花を注文する場合は注文の前に、葬儀社に確認するのをお勧めします。

また、注文は通夜の三時間前までという葬儀社が多いですが、当日はどうしても慌ただしくなるため、前日までに注文しておくことをお勧めします。

供花注文の際に、遺族との関係性や、連名にするのかなど細かい確認があります。

それぞれの贈り方を確認していきましょう。

会社など法人から贈る時


会社名や、部署名、法人名は、正式名称で札に記載します。

ただ、会社名が長い場合や、バランスが取れない場合は(株)などで省略することも可能です。

連名で贈る時


連名とは一同ではなく、一人一人の名前を書く方法です。

名前を書く際に、肩書きがある人から右に記載しますので、しっかりと役職をつたえ、失礼がないようにしましょう。

身内で贈る時


身内で贈る場合でも「〇〇一同」か、連名で贈ることができます。

兄弟の連名で贈る場合は一番右に長男が来るようにしましょう。

友人で贈る場合


友人から贈る場合でも「〇〇一同」か、連名で贈ることができます。

連名で贈る際の注意点として、友人から供花を贈るとどうしても人数が増えてしまい、札に名前を書ききれない場合があります。

目安として7人以上の場合は「友人一同」と書いて贈ることをお勧めします。

供花の相場


95-3

仏教では、1つの供花を一基と呼び、ふたつの供花を一対と呼びます。

以前まで一対で贈ることが主流でしたが、現在は一基だけで贈るケースも増えてきました。

価格の相場は一万円~2万円程度です。

一番多く選ばれている相場として、1対2万円のものが多いです。

 

宗教によって供花は変わる?


信仰している宗教により、お葬式も供花も変わってきます。

仏教


会場の規模や地域によっても異なりますが、どの会場にも対応しやすい籠盛りが扱いやすく人気です。

また、大きな規模の広い会場でやる場合は、フラワースタンドを贈るのが主流です。

菊が主流ですが、ユリやカーネーションや、盛大な印象を与える胡蝶蘭などもお勧めです。

基本的には、生花を使うのが主流ですが、最近ではブリザーブドフラワーという造花を使うケースも増えてきました。

神道


白や黄色の菊やユリを使い、仏教よりもシンプルな仕上がりの供花になります。

 

カトリック


キリスト教の考えには、故人の供養のために贈るのでなく、遺族への慰めの意味を込め、供花を贈ります。

そのため、仏教のように名札はつけず、洋花中心の仕上がりになります。

白以外に、カラフルな色を使用し、ハートのフラワーアレジメントを施すこともあります。

また、仏教の焼香の代わりに、キリスト教では県花と言って、1人1本の花を祭壇に供えます。

供花を選ぶのに大切なことは?


供花には、マナーや種類があることを紹介しました。

ただ、大切なのは、マナーを守ることや、種類を選ぶことではなく、生前お世話になった方への感謝の気持ちを持って選ぶことです。

最後の日、祭壇にたくさんのお花が並ぶのを見て、悲しみにくれるご遺族の気持ちを慰みのためにも、ぜひ供花を送ってみてはいかがでしょうか?