お葬式のときのマナー~ワンピース編~ | 相模原で高品質の葬儀なら【雅葬会】

0120-066-382
葬儀の豆知識
お葬式のときのマナー~ワンピース編~

お葬式のときのマナー~ワンピース編~


葬儀 ワンピース

最愛の人や親しい人とのお別れは辛いですよね。

しかしお葬式は予期せず突然訪れることもあります。

思いがけず訪れる悲しみの儀に慌てないよう前もって準備しておくことが大切です。

お葬式とは故人と最期のお別れをする大切な儀式です。

 

マナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまい、しっかりと最期のお別れをすることができません。

そこで今回はお葬式のときの服装について解説していきます。

 

参列者としての身だしなみのマナー


参列する際、殺生をイメージさせるものはタブーです。

毛皮や動物の皮、爬虫類系の革は絶対にNGです。

もし革製品を身につけるとしたら、ツヤがなく光沢がないものを選ぶのが無難です。

服装は黒のワンピースタイプが良いでしょう。

 

スカート丈は短くても膝が隠れる程度の長さにしましょう。

喪服として膝下からふくらはぎくらいまでの丈が一般的です。

また、必要以上に肌を露出しないようにしましょう。

胸元が大きく開いたデザインのものは避けるのがマナーです。

 

喪服には種類がある


喪服には3種類のタイプがあり、それぞれ違いがあります。

格式によって「正喪服」「準喪服」「略式」に分けられます。

 

【正喪服 】


最も格式が高い喪服。

公式のお葬式や告別式、一周忌までの法要で、喪主や親族、近親者など主催する側の人が着用します。

ブラックフォーマルとは違い、光沢が全くない素材で作られているのが特徴です。

ワンピースタイプであれば必ず黒色で光沢がなく、ローブモンタントを原型とした襟元のつまった長袖が基本となります。

夏場であれば6~7分丈のものでも大丈夫です。

 

【準喪服】


一般的な喪服。

葬儀の場で「平服」とはこの準喪服のことをいいます。

一般的な葬儀、告別式、お通夜など一般的な参列者として参加する場合に着用します。

現在最も着用されている喪服になります。

 

こちらも黒色が基本となります。

流行を取り入れたデザインでも大丈夫なんですが、派手にならないように気をつけましょう。

 

【略式(略喪服)】


三回忌以降の法事や急な弔問のときに着用します。

こちらも葬儀の場でいう「平服」になります。

黒や濃紺などのダークカラーで控えめな服装であれば失礼になりません。

 

女性の略喪服には正喪服・準喪服など制限がありませんが、袖なしや襟元が大きくあいているものは避けましょう。

また、制限がない分、派手になりすぎないよう注意が必要です。

 

年齢別オススメのワンピース


葬儀 花

喪服は年齢別で着用するものが変わってきます。

年齢別でオススメのワンピースを紹介します。

 

【20代の女性】


社会人になるタイミングで初めて喪服を購入されるという人も多いはずです。

ファーストフォーマルとして購入されるなら高額な喪服でなくても良いでしょう。

お手頃価格で若々しさのあるボレロタイプのジャケットがオススメです。

タイトスカートよりもフレアスカートを選べば、裾さばきを気にすることなく立ち座りがラクです。

 

【30代の女性】


少し落ち着いた雰囲気の喪服を選ぶと良いでしょう。

40代を見据えたデザインを選ぶのがオススメです。

40代に向けて体型が少しずつ変化していく人も多いので、ピッタリとしたデザインより少し余裕がある喪服を選んでおくと安心です。

 

また、お手伝いを頼まれることも多いこの年代は動きやすく疲れにくさを考慮したいところですね。

 

【40代の女性】


若い頃に購入した喪服だとデザインが古かったり体型の変化などで着られなくなったりと、このタイミングで買い替える女性も多いようです。

もし、このタイミングで買い替えるなら10年先まで着られるオーソドックスなデザインの

喪服を選ぶと良いでしょう。

 

お葬式に参列する機会が増えていく世代ですから、きちんとしたブラックフォーマルを1着は持っておきたいですね。

体型が気になる人は身体のラインをカバーするワンピースタイプの喪服が特にオススメです。

ストレッチ生地に加え、前開きで着脱がスムーズな喪服が良いですよね。

 

【50代の女性】


喪主、喪主の妻、遺族となる可能性が高くなるので、正喪服としても着られるものを準備しておいたほうが良いでしょう。

高級感や品格を意識して選ぶことが大切になってきます。

黒色の濃さや丈の長さには気をつけましょう。

シンプルでスカートの丈が長く、また襟元の開きがより小さいものを選びましょう。

 

喪服の相場


喪服はいろんなお店で売っています。

近所で売っているところも必ずあります。

お店によって金額が違うので下記にまとめてみました。

 

イオン………………18,000~74,000円

洋服の青山…………23,000~65,000円

インターネット……8,000~130,000円

 

こうやってみると金額がピンキリというのが分かりますね。

お求めやすいところで買うのが一番良いでしょう。

 

まとめ


葬儀

ここまで喪服について解説してきましたが、参考になりましたでしょうか?

お別れは突然にくるものですから、1着は喪服を持っておきたいですよね。

ワンピースタイプは無難であり、またどの年齢でも着ていて自然な感じなので特にオススメです!

ご購入の際に検討していただければと思います。